書き直し。完結に端的に。

前夜祭から参加、月曜日まで参加。テントサイト宿泊。場内第一駐車場に車一台。後々考えてみれば初心者にはかなり優しい環境が揃ったと思える。


用意したもの。
装備はゴアテックスのミドルカットの靴。レンタルのゴアテックスのレインスーツ上下。自前のマウンテンパーカー。これは完全防水ではない。移動用25㍑ザック。ザックカバー付き。小さい斜めがけバッグ。小さい折りたたみ椅子。常にこれを携行して移動していた。


雨の具合。
前夜祭の木曜日〜月曜日まで、要所要所でしっかり降った。
木曜日は17時くらいから19時くらいまで。
金曜日は14時から16時くらいまで。のあと19時くらいからずっと降ってた。
土曜日は14時から16時くらいまで。
日曜日も同じ感じ。
土曜日日曜日は夜は雨は止んでいた。のでトリは安心してみれた。


雨対俺の勝敗結果。
レンタルのレインスーツは大雨には完敗であった。30分くらいで浸水した。ザックカバーも大雨の前では無力であった。ザックも大昔のもので耐水性は殆ど無く浸水。小さい鞄も浸水。靴だけは素晴らしかった。どんな雨も泥も浸透することはなかった。身体は雨に負け靴も負けたら心折れていたかも知れない。レンタルは信用ならんかもしれん。
雨の具合を書いたけども月曜日を除く終日、午前中晴れていたのが幸いだった。濡れた装備を乾かせたから。これが無理だったら、詰んでた。


雨対テント。
そこがしっとりする事は少しあったけど室内に敷いた銀マットでそれは問題なく。ただ4人用テントでM,L,LLサイズの人間が荷物を置きつつ寝るのは至難の業であった。もっとデカいほうが良い。ひと一人分くらい多めに見た方が良い。


テント張った場所。
キャンプサイト入り口から5分くらいのところ。トイレに行くまで5分かかる。コレ結構命取り。ていうかフジロックは雨とトイレの問題さえ解消されればヘブンだと思う。何故あんなにトイレが少ないのか。


酒。
場内で売ってるのは基本的にビール。地酒、カクテルもあるけど場所が限られる。とりあえずビール。それはまぁ良しとしよう。しかしだ、1飲んだら1以上の尿が出る利尿率を誇るビールを振る舞いながら、何故あんなにトイレが少ないのか。


ごはん。
どこもかしこもウマシ。家に帰ってから食べるごはんが、ウーンと思ってしまう程。フェス飯としては美味い、ではなく、単純に美味しい。鮎はしょっぱかったが。いっぱい食べてしまうが、何故あんなにトイレが少ないのか。


エリア間。
レッドからグリーンはすぐ近く、グリーンからホワイトはそれなりに遠い。早歩きで10分?くらいか?空いてたら。どこも大概高低差があって足に負担が結構かかる。立ちっ放しの場合、相当疲れると思う。それ対策に小さい椅子と、やっちゃ駄目だけどグリーンに大きな折りたたみ椅子を置いていた。これがあるかないかでだいぶ違う気がする。


ステージ。
前方に行こうと思えば幾らでも行ける気がする。が、如何せんステージがデカイので後ろの方が音が纏まって綺麗に聞こえたような気がする。ステージが見たいなら前へ、音だけ楽しみたいなら後ろへ、という感じが僕は少しした。


色んなフジロック解説ブログを読んでて、期間中キャンプサイトに戻ったのは寝るときだけだった、なんて書いてあったけど、たぶんそれは猛者のする事だと思う。勇気ある撤退も時には必要であるなと僕は思った。


ていうかそもそも、苗場に入る前から風邪をこじらせ体調不良の極みにあった自分が、体力の温存を考えすぎたせいで楽しみきれなかったのが本当に残念、後悔なのである。カンペキ元気であれば色々移動しただろうに…。ビビり過ぎて装備を過剰にしてしまったところもある。
雨対策最適解はたぶん、高性能ポンチョではなかろかと思った。レインスーツパンツは履いたら最後脱ぐのが面倒くさい。


とまぁ状況環境装備に関してはこんな感じ。

防水携帯はとてもアリだなと思いました。ペリアエース出来る子。


ライブの感想はまた別で書きます。

10日後には苗場に向かっているというところ。準備したもの。

60㍑ザック(レンタル。キャンプ用。前夜祭から行くので多少大きいものにした)
20㍑ザック(移動用。これをかついでふらふらする。カリマーの。ザックカバーあり。)
小さいショルダーバッグ(携帯とか財布とかはここにいれるつもり)
ゴアテックスのミドルカットの靴(これが不安要素。これだけでいいの?)
ハット(防水ぽい素材のヤツで撥水スプレーで小雨は乗り切る所存)
マウンテンパーカー(防寒用。レインスーツとは別。)
レインスーツ上下(レンタル。ガチガチのやつです。)
Tシャツ6枚以上、七分袖シャツ、ハーフパンツ3着。
虫除けリング、モバイルバッテリーでっかいのと小さいの。
大きい椅子と小さい椅子。
タオル沢山。

その他共用分として備品諸々。ここらへんは役に立ったものを後日あげます。

唯一の不安要素は虫除けと靴にあります。河サンダル欲しかったけど間に合わない長靴はーどーなんだろ。虫除けは効果がわからん。

とりあえずそんな感じ。


浮き世の準備はそつがないが現世が疎かになっている。

でもいいいいいいいいの。許して。夏、だし。

これ買ったーフジロック用。

サイズはネットで買ったけどドンピシャだった。ソールもよく合う。これにゲイターで挑もうと考えています。甘いかしら…。

あとは帽子だな。細かく言うとあとザックカバーとかかなー。

第一弾発表されました。
http://www.fujirockfestival.com/news/?id=1605
一昨年くらいからそろそろビョークくるんじゃねーかと予想していて、行くと決まった今年に、遂に来てくれる事になりました。万感の思いであります。遂に決断したフジロックに、常々見たいなぁと思っていたビョークが、遂に来てくれました。これ以上嬉しい事はありません。ついでに(といっては失礼ですが)NINもヘッドライナー。懐かしい。新しいトレントレズナーでは無い、NINはどんなものを用意してくるのでしょうか。

正直、第一弾で発表されたうちでその他知っているのはfun.とフライングロータスぐらいです。フライングロータスはあのダブルスクリーンでやるんでしょうか。屋外で遠くから見て分かるものなんでしょうか。ていうかどこのステージでやるんでしょうか。

知らないなりにようつべなり何なりでフジロック第一弾面々を見ていても、色んな想像が出来て楽しいものです。

僕、野外フェスだと歌詞とか正直どーでもいーのです。ていうか逆に聞き取れなくて悲しくなったりする。音楽と場さえ合えばそれで良いのです。だからフジロックに毎年期待するものが年々積年あったのです。知らなくても見れば聴けば分かるものが気持ちの良いものです。スペアザが体現していました。

俄然、楽しみになってきました。今のところレンタルテントと寝袋、レインスーツと鞄は確保しました。あとは靴と帽子と椅子であります。

早割チケットをゲットしたわけで。あとは準備をするだけです。

ライジングサンの時は知らないアーティストばっかりだったにも関わらず楽しかったのはその場の開放感があってからこそというのもあったのでしょう。それを良くも悪くも凌駕するフジロック。今から楽しみです。ガッツリビッグアーティストの演奏をゆるゆるだらだら聴くのが楽しみです。夜、野外でクラブっぽくぼけぼけ飲みながら踊るのが楽しみです。あとジャックジョンソンとかドノバンフランケンレイターとかみたいのを、ゆるっと、だらっと、聴くのが楽しみです。

気持ち的には前のめりでは居ますが、たぶん当日は楽しみきれないのでしょう。ですが過去の失敗(RSR2011、ムーンサーカスが楽し過ぎて飲み過ぎて本命の三人の侍を見逃した。2012年のビッグビーチで昼から飲み過ぎてトリのケミカルを酩酊状態で見てあんまり覚えてない。逆に時間管理と体調管理にやっきになりすぎた去年のエレグラは最後の方で環境もあるけど疲れきっていた。等等)を糧に飲み過ぎずはしゃぎすぎず、だらだらと迎えられたらなと思っています。

で、準備ですが、どういう状況であれ不快無く楽しめる装備を目指す事にします。なので僕はレインスーツを用意する事にしました。レンタルで。準備も移動も、やっぱり両手があいてないと厳しいなということでリュックにしました。レンタルで。レンタル、便利ですね。あんまりアウトドアしないものなので。割とガチ目で準備する事にします。ゲイターとかも用意する予定です。椅子は必須と書いてあったので必須することにします。足回りもある程度メドをつけました。万全を期します。

ということであれやこれやと出演発表に悶々と装備不足は無いかと悶々としながらの五ヶ月が始まったのでした。